Kesin's diary

プログラミングの記事がメインです

標準機能でショートカットを追加して便利に

普段使用しているアプリで、この操作をキーボードショートカットでできたら便利だと思い、改めてメニューを確認したらショートカットが白紙でガッカリしたという経験がありませんか?
実はMacではどんなソフトでもキーボードショートカットを変更・追加することが標準の機能で行えます。

まずはシステム環境設定のキーボードを開いてください。次にキーボードショートカットのタブを開くと、ExposeやSpotlightなどのOSX自体に初めから組み込まれている機能のショートカットが見えます。第1回でご紹介したSpotlightのショートカットであるcontrol + spaceもここで変更することができ、もしも邪魔であればチェックマークを外すことで無効化することもできます。



使う人は多いと思うのだが、ページ区切りに何故かショートカットが存在しない

さて、では実際に何かショートカットを追加してみましょう。私はAppleが作ったOffice系アプリのPagesがわりと気に入っているのですが、少々残念なのはキーボードショートカットが少ないのでマウスでメニューバーから機能を呼び出す機会が多いことです。特に、ページ区切りやセクション区切りにショートカットが割り振られていないのは不便で仕方ないです。
先ほどのキーボードショートカットからアプリケーションを選択し、+のマークを押します。次にアプリケーションでPagesを選択し、メニュータイトルに「ページ区切り」と入力して、キーボードショートカットの入力欄をクリックしてから設定したいショートカットを直接入力します。私はWindowsのWordと似たショートカットにしたいのでcommand+Enterを入力します。





+をクリックするとこのように表示されるのでここで設定したいアプリケーションと機能名とショートカットを入力する。command+Enterだとこのように表示される。



追加したショートカットが反映されてPagesが使いやすくなった

同様にセクション区切りも設定します。私はcommand + control + Enterとしました。
さぁ、これで全て完了です!再びPagesに戻りましょう。試しに今追加したショートカットを試してみてください。今までショートカットが存在しなかった機能も呼び出すことが可能になったはずです。もしも何も変化してなかったらもう一度キーボードショートカットに戻って確認してください。1文字でも機能名が異なると正しく追加されません。

自分でショートカットを追加できるというのは素晴らしいですね!皆さんもよく使う機能にショートカットが存在しない、もしくは非常に押しにくいものであればショートカットをどんどん追加、変更していきましょう。例えばGaragebandPhotoshopのようなマウスを多用するアプリであれば左手で押せる範囲によく使うキーボードのショートカットを集めておくと作業がはかどりますよ。